きれいになる線引きはお済ですか??

身近な美容整形って何?と思われるかもしれませんが、例えば美容歯科でホワイトニングの施術を受ける事も美容整形の一種です。

他にも痩身エステで脂肪除去してもらったり、シミやソバカスをレーザーで除去する事も美容整形です。

ホワイトニングは抵抗がないのに、整形は抵抗があるという線引きはどこから生まれてくるのでしょうか?

綺麗になりたい、いつまでも若々しくいたい、それは女性共通の願いでもあるでしょう。

そしてそれを叶えてくれる手段の1つが美容整形である事に間違いはありません。

美容整形のリスク

沢尻エリカが主演をした映画で美容整形のモデルが主人公の映画があります。

この主人公の女性は全身整形によって理想的な容姿を手に入れるのですが、整形の中毒になってしまい、もっともっとと求めてしまいます。

そしてやりすぎてしまった結果、今度は崩壊しはじめるわけです。

現実の話ではマイケルジャクソンの整形も話題を集めましたよね。

整形のやりすぎて鼻がもげてしまう・・・・・そんな状況になる割合がどれぐらいあるのか分かりません。

しかしゼロではないという事が整形のリスクを物語っていると言えるのではないでしょうか?

どこまでキレイになりたいのか?

どこまでなら維持出来るのか?

そのライン引きが誰にも分からないから怖いのです。